浮気調査

女房の浮気相談・身辺調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

調査会社が探偵業務で使用する道具というと、無線発信機が全盛だったころもありますが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど対象車両の追跡に効果を発揮しています。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ対象の位置の把握は難しいことではありません。

 

 

 

高性能の小型GPSを設置することにより、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。
実際、扱う仕事は変わりがありません。

 

相手方の不倫を理由に離婚するなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。それに、慰謝料請求時にも有効です。

 

興信所に不倫調査等を頼む際は、標準的な料金というものを知らないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。

 

時間あたり1万円程度を考えておくと間違いありません。

 

時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。パートナーに浮気され裏切られた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

 

 

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。最も身近な人物に欺かれていたために、離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、自分の人生なのにポジティブになれないような人も少なくないです。

 

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。浮気がばれると、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。向こうが証拠を押さえていたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。

 

 

 

請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。

 

その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも悪くないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、交際相手と一緒にラブホから車で出てくる場面でしょう。自力で写真を撮れないことはないでしょうが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しようと思ったら、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。
結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもそんなに珍しいものではありません。

 

ときには「素人探偵」が活躍したりもして、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。

 

 

調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

 

 

 

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見することが容易になりました。調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを知ることができます。

 

 

 

それで罰則があるというわけでもありませんし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSが役立つかもしれません。普通の仕事への対価と比べると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように感じることがほとんどでしょう。

 

 

 

割安だからと安易に業者を頼んだものの、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、損失は金銭的なものに留まらないですよね。

 

 

理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高額な代金を請求するところが絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは一概に決めかねるところがあります。
浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気をするのは男だけではないでしょう。スポーツや自治会、子供関連と、女性だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。
そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が増えているのか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。

 

 

興信所といっても、知らない会社に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。

 

相談時に本名を告げることに抵抗を覚えるというのであれば、実名を伏せた相談に対応しているところも多いですから、そういったシステムを利用し、良さそうな事業者であれば、本名を伝えて詳しい話を詰めていくという方法もあります。
探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域の専門性で選ぶのも手です。

 

 

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者をあたってみると良いでしょう。

 

 

 

細かな土地勘があればあるほど、調査を進めやすく、報告書の精度も上がるでしょう。

 

調査内容いかんでは得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。どんなところが高い技量を持つかというと、会社の規模によるところも大きいです。全国各地を営業エリアとしているところは、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

 

 

 

著名な探偵社は探偵や内勤職員のトレーニングや精度アップに熱心であり、必然的に仕事の品質に反映されてきます。

 

 

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、その人の倫理観によっても違うでしょう。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気だと認定する人もいるぐらいです。実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞ということになります。

 

しかし、穏やかな生活を送ろうと思ったら、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えるべきでしょう。

 

探偵調査業を始めようと思うなら、取り立てて特殊な資格等は不要です。
そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を取り付けることが大原則です。不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気の素行調査等で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

 

しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が得られないといった例もあるでしょうし、候補に上がった探偵業者の評判をあらかじめチェックしておくのが大事です。それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのも結果に大きく影響してくると思います。不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに頼むことはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。

 

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルとなる危険性も考えなければいけません。

 

失敗しないよう、ネットで情報を調べて、変な業者はふるい落としておくことが大事です。

 

 

私28歳、夫36歳。
小2と幼稚園の子供がいます。

 

つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。
まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てるわけです。
簡単なことではないでしょう。

 

感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士さんを頼み、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

 

 

配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、どんな目的でどのような調査をしてほしいかきちんと話し合っておく事が大事です。

 

 

たとえば、配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

 

 

 

どこに主眼を置くかにより調査員の仕事内容も変わることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

 

悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。

 

話をしに行っただけで精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意すべきです。

 

断って帰宅したあとでも、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。

 

誠実な探偵業者はまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

 

 

 

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。答えはノー。

 

 

 

双方には明らかな相違点があることにお気づきでしょうか。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業となると、探偵業法の規定通りに、公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。

 

法規制がない便利屋と違い、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

 

 

普段は無縁な探偵社ですが、詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるのが現実です。安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。

 

 

ところで、不倫調査を依頼しても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。調査に要する時間と代金は、よくよく確認した上で契約を交わすと良いでしょう。

 

不倫行為があった場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。

 

 

しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、しばしば泥沼化してしまいます。もめ方によっては訴訟になることもあるわけで、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。

 

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。
ただ、証拠というのは重要です。
もしあれば、離婚してもしなくても、話を進展させるうえで役に立つでしょう。

 

 

 

ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。
多少出費はかさみますが、体の関係があると思われるような写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。だいたいの費用ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかると思って間違いないでしょう。調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、なにを依頼するにしても数十万程度と見積もっておけばとりあえず安心です。一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。実際そうでしょうね。

 

もともと我が身のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、うまく結婚したところで、自分たちの事情がばれるの怖さに嘘をついてずっと暮らしていくのです。

 

 

 

第一、不倫した相手と入籍するに至っても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。
探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。

 

その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには追加料金について明記されていると思います。

 

 

だからこそしっかりと確認しておかなければいけません。
疑問に思ったり心配なことがあれば、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが怠らないようにしましょう。

 

興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談までなら無料というところもあるようです。

 

 

大事な案件を発注するのですから、ぜひ利用しておきたいですね。
よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。最近は探偵も興信所もその差はその名称のみと考えていいでしょう。
探偵業を営むという点で変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じものと思っていただいて支障はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

 

 

とはいえ、得意とする分野については会社によってそれぞれ微妙に異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。
興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

 

 

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、すごくトクな感じがします。
でも、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。

 

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることもあるので注意してください。

 

浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、妥当な価格というものを知っておいて損はないでしょう。
割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところもあるので、身を守るためでもあります。さらに、見積り時点では安くしておきながら、諸経費やレンタル料などを請求したり、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、追加料金の発生条件等も、納得がいくまで確認すると良いでしょう。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。

 

男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、家庭内も円満で浮気される心配もないように思います。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、時間もコストも削減できます。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、浮気の確証を得るまでに余計に時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。生活を共にしていればわかることだってありますし、記録やリサーチにいそしむと良い結果が出やすいでしょう。業界で名の知れた会社が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと損はないと思います。
中小にも良い会社はあるはずですが、中には調査も満足に行わないうちに高額な料金をとったり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。